FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模湖の渡し船

相模湖の鼠坂から渡し船が出ているのを知って、一度は乗ってみたいと思っていた。
嵐山はよく行くけれど、最近はいつも最短コースを登って降りて、降りたところにあるダヤンカフェで、まったりしてしまうのが定番で、時間がかかる鼠坂方面に降りることはなくなっていた。
でも今日は、ケーキは止めて、船に乗るぞという意気込みで出かけた。

嵐山山頂まではあっという間と言いたいところだけれど、お母さんの足は思った以上に衰えていて、結構大変だった。
いつものコースだと感じない衰えが、久しぶりのコースだとはっきりわかる。

昔ちょっとだけ参加したことがある山岳クラブに、80歳を過ぎて矍鑠と普通に山歩きをしているおばあさんがいた。魔女と言われていたけれど、当時は彼女の偉大さがわからなかった。
83歳のお母さんの足取りを見ていると彼女の偉大さがわかる。
山岳クラブはすぐに止めてしまい、魔女のおばあさんともご無沙汰になったが、それから10年近くたって、新聞記事で彼女の遭難を知った。90歳だった。
まあ彼女は特別だから、おぼつかないながらも、山道を歩けるお母さんだって立派なものだ。

はい 山頂。
来年も来れるといいねえ。
P1020129.jpg

鼠坂までは結構あるけれど、東海自然歩道の一部だから、道はよく整備されている。
こんな橋がいくつもかかったりしている。
おっかなびっくりのお母さんをはるちゃんが心配そうに待っている。
お母さんが、心底おっかなびっくりの時は、はるちゃんは心配そうに待っていて、どんどん先に行ってしまったりはしないのだ。
P1020136.jpg


下りは上がりよりもっと時間がかかって、渡し船はどうしようかと迷ったけれど、せっかく来たからとりあえず渡し場までは行くことにした。

ここが渡し場。
以前はドラム缶をたたいて、船頭さんに知らせるしかなかったけれど、今は携帯で船頭さんを呼び出せる。
運よく、船頭さんは渡し場にいた。
P1020140.jpg

はい、出発進行。
P1020145.jpg

船のなかで船頭さんと話が弾み、吉野から来たと言ったら、特別に吉野の柴田旅館の桟橋まで送ってもらえることになった。

大感謝。

この位置から嵐山を見ることは、また船に乗らない限りない。
紅葉は始まっているけれど、まだ盛りではない。
ピークは来週だろう。
P1020150.jpg

丸山のカヌーの審判台をこんなにまじかにみられる機会もない。
東京オリンピックの時に使ってそれっきりかと思っていたら、年に数回は使っているそうだ。
P1020147.jpg

広い相模湖側から見た勝瀬橋だ。
吉野の人たちは、こっちの湖を本湖って呼んでるらしい。
確かに我が家の前の細い相模湖からすれば、こっちは本湖だ。
P1020157-001.jpg

陸から見ると陰鬱で邪魔臭いラブホも、湖から見ればそれなりによく見えるから不思議だ。
P1020156.jpg

あっという間に柴田旅館桟橋が近づいてきた。
バスなんかよりずっと速い。
柴田旅館から家までは10分ちょいだ。
P1020159.jpg

1時半のバスに乗って帰ってくる予定だったのに、1時には我が家に帰りついていた。

改めて大感謝







スポンサーサイト

コメント

近くに住んでいて良く通りますがあれ東京オリンピックのだったんですか
よく残ってますね

名無しさんへ

ご訪問ありがとうございます。
私は昨年、引っ越しました。
というわけでブログも引っ越しました。
危うく気が付かない所でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

うりこ

Author:うりこ
トカイナカ暮らし15年。
ちょっと広めの家庭菜園を耕しています。
休日は母とわんこのはるちゃんと近所の山を徘徊しているか、畑を耕しています。
定年になったら、もう少し規模を広げて菜園というより農園をやりたいですね。ここでもいいけど、できたらもう少し暖かいところで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。