スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おからを買いに

おからはいつも大量に買って冷凍しておく。
それがなくなったので、いつものお豆腐屋さんに電話したのが2週間前だった。
いつもはおかみさんがでるが、今回は旦那だった。
おからは小売りしていないとかごちゃごちゃいうので、いつも取って置いてもらっているというと、仕方なさそうに0Kしてくれた。

ところが次の日に取りに行くと、おからはなかった。
「忘れた。」ということだった。
儲けにならないものだから、こちらも低姿勢で、「じゃあいいです。」って言ったのに、
おかみさんが自分で使うために取っておいたものを少し分けてくれた。

それがなくなったので、金曜日に電話したら、また旦那が出た。
そうしたら「忘れちゃうし、小売りはしないんだから。」の一点張りで、どうにもならなかった。

それで、ここから2番目に近いお豆腐屋さんを探したら、相模湖の先の小原だった。
こちらは、おからも小売りしているようで、「1kgで100円です。」ということだったので、
「10時ころ伺います。」と言って電話を切った。

翌日は今にも降りだしそうな天気だったので、用心してカッパをもって出かけたが、案の定15分も歩かないうちに本降りになった。
私の足なら1時間だけれど、お母さんも一緒だから、1時間半は見込んである。
途中でお母さんが歩けなくなったら、お母さんだけ相模湖駅でタクシーに乗せることも考えていたが、割とご機嫌に1時間半を歩きとおして、お豆腐屋さんについた。

お豆腐屋さんでは、油揚げを揚げているところで、いい匂いがぷんぷんしている。
「家のは油がいいからうまいよ。」と自慢げにいう。
確かにうまそうだ。

藤野の駅前に5年前まであったお豆腐屋さんの油揚げもおいしくて、ここの油揚げをただちょっとあぶって、じゅっと醤油をかけて食べるのが私の好物だった。スーパーの油揚げではできない贅沢だ。
久しぶりにあれが食べられそうだ。

というわけで、おから3kgのほかに、油揚げやがんもどきを買い込んだ。
小原のお豆腐屋さんは藤野駅前のお豆腐屋さんを知っていた。
「よく組合で一緒に旅行に行ったよ。きれいな奥さんだったのに、亡くなってしまったよねえ。」
そんな噂話に興じて、大満足で帰路に就いた。

お母さんは帰りも快調で、行きと同じペースで歩きとおして家につき、お風呂にはいってゆったりしてから、ノンアルコールのビールを開けて、焼いた油揚げをたべた。

うまかった。大満足。

残りの油揚げとおからで、おからの稲荷ずしを作った。
これもうまい。

さらにおからと鶏肉でチキンナゲットを作って、3kgのおからのうち、2kgまではすぐに食べられる形で冷凍した。
さて、残りの1kgのおからはどうしようかと思案中だ。


スポンサーサイト

糖質制限を始めました

ヴィーガンになる前に、糖質制限を試したことがあるけれど、これは3食のうち1回だけ糖質を減らす、なんちゃって糖質制限でこれでは全く効果が実感できなかったので、すぐに止めてしまった。
今回は3食とも糖質を制限する割と本格的な糖質制限を始めて1か月がたった。

快調だ。

こんなにすぐに効果が実感できるなんて驚きだ。
昼は頭がすっきりしてクリアーな感じで、ついでに夢までクリアーで、思わず目覚めているのかと勘違いするほどだ。
夢がクリアーになったからといって、夜眠れなくなるわけじゃなくて、睡眠は深くなった感じだ。
つまり、夜はとってもよく眠れて、昼はいつも頭がすっきりという理想的な感じ。
おまけに疲れにくいから、隙間時間なんてぐったりしてできなかった筋トレがちゃちゃっとできる。

ただ、私は現在体重が43.5キロしかなく、BMIは18でこれ以上は痩せたくない。
だからカロリーはそこそこ取りたいけれど、糖質を制限してしまうと食べるものの選択肢がぐっと狭まり、期せずしてカロリー制限になってしまいそうなところが怖い。
なんせ普通のお菓子なんかまったく食べられない。すべてにデンプンか砂糖が入っている。
職場の休憩室に用意されたおやつが1つも食べられないのは驚きだった。

今のところ大豆とナッツを大量に買い込んで、食べている。
大豆は蒸し大豆にして冷蔵庫のチルドにいつもあるようにしている。
あと高野豆腐も大量に煮て、同じくチルドに入れてあるけれど、さすがにこれだけじゃ物足りない。
もう少し、肉の料理を増やさないと足りない感じだけれど、私はあまり肉が好きでない。
おまけに母は歯が悪くて、ひき肉以外の肉を持て余す感じだ。
さらにひき肉料理はただ焼けば済むわけじゃないから、ちょっと手間がかかり、その都度作れない。
というわけで、今週末は大量のひき肉を買い込みハンバーグとナゲットの作り置きをするつもりだ。

私も快調だけれど、昼はデイで過ごすから、完全な糖質制限はできない母も、この食事に変えてから、疲れたと言わなくなった。
足が弱ったから、山には行けないけれど、ちょっと長く歩かせてもへこたれなくなったし、昼寝の時間が少なくなった。

やりがいのある食事療法だ。
プロフィール

うりこ

Author:うりこ
トカイナカ暮らし15年。
ちょっと広めの家庭菜園を耕しています。
休日は母とわんこのはるちゃんと近所の山を徘徊しているか、畑を耕しています。
定年になったら、もう少し規模を広げて菜園というより農園をやりたいですね。ここでもいいけど、できたらもう少し暖かいところで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。