スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリガリ君はデブデブ君の素質十分

わき目もふらずに一心に食べている。
P1010551.jpg

ガリガリだから食べられるだけ食べさせてもいいだろうということで、多めにしたご飯をいつもぺろりと平らげるものだから、ご飯がだんだん多めになり、ついに体重が3倍以上あるななちゃんが食べている量を超えた。
見た目も触った感じも最初よりふっくらしてきた。
体重もこの1週間で200gも増えた。

獣医さんでは食べさせたら、最初は下痢をするかもしれないいわれたけれど、その気配はなく、ご機嫌にモリモリご飯を食べ、いいウンチをして、消化器系が超健全であることを見せ付けている。
そのおかげで、お腹はいつもポンポコリンだ。
P1010558.jpg

目鼻のぐじゅぐじゅはまだ完全には治らず、片目はまだ開かない。
獣医さんに、角膜が傷ついているかもしれないから、自然に開くまでそのままにしておくようにと言われた。

まあ、貰い手もなさそうだし、あんたも家の子になるしかないね。
さて、名前だけれど、ガリガリ君はあっという間にそぐわなくなりそうだし、かといってぴったりの名前も浮かばない。獣医さんでもらった薬袋の名前欄には子ネコちゃんと書かれていた。
このままガリガリ君でいってしまうか、ちょっと思案中。
スポンサーサイト

またまた子猫ちゃんを拾ってしまいました。

金曜日、母の通院に付き添って我が家近くまで帰ってきたとき、かんかんでりの道路わきに人が2人立っていた。
で、よく見たら、2人の足元にはぐったりした子猫。
「このままじゃ、死んじゃいますよね。」と2人。この辺りでは見かけない顔だ。
猫のほうは、最近捨てられて、そのあたりをちょろちょろしているのを見かけていた。
ついに動けなくなったらしい。
確かにこのままじゃ、確実に死んでしまう。
仕方ないか。このままここで死なれたら、ホントに寝覚めが悪いし。
というわけで、抱き上げて我が家に向かった。
心配で見ていた2人は、ほっとしたように去っていった。

我が家に戻って水をやったけれど、飲まない。
あんなところに居たんじゃ、脱水も起こしているだろう。
で、獣医さんに電話したら、「すぐにつれてきていい。」ということなので、タクシーで出かけた。
獣医さんで点滴してもらい、ご飯を出されたら、食べた。
「目と鼻がぐじゅぐじゅなのは、○○○(名前を忘れた)だと思われるので、目薬と内服薬を出します。それ以外もいろいろの感染の可能性があるから、少し持ち直したら、感染症の検査をして、ワクチンやダニの駆除を考えますから、それまでは、今居る子たちから隔離してください。」

今の所、ガリガリ君と呼ばれている。
誰かもらってくれないかなあ。
P1010550.jpg



携帯電話のスイッチ

昨日、お母さんの携帯に記録されている1日に歩いた歩数の履歴を見て気がついた。
なんとトルコにいたはずの10日(1000歩)から歩数が記録されている。
1000歩という歩数から察するとスイッチはおそらくイスタンブールの空港で入ったようだ。
弟は入れていないと言っていた。

あわてて、お母さんに聞いてみた。
「携帯のスイッチはいつ入れたの?」
お母さん、いわく、
「私はスイッチなんか入れてないよ。入れ方知らないもん。できるのは電話を取るだけだよ。」

なるほど。

とするとスイッチを入れてくれたのは、弟が空港で頼んだイスタンブール空港の職員ということか。

なんだ。
飛行機の離着陸のときは、携帯のスイッチを切れって、しつこく言うくせに、職員が入れちゃうのか。
皆の携帯が入っていると困るけれど、ちょっとなら支障はないということなのかなあ。



おかあさんの帰国

お母さんが帰ってきた。
向こうは涼しかったらしく、このものすごい暑さにちょっとびっくりみたいだけれど、体調を壊すこともなく快調だ。

成田空港について、すぐに携帯電話のスイッチがはいったところまでは良かったけれど、3週間を超える滞在で、自宅の最寄り駅がどこなのかを忘れてしまったようで、帰ってくるのが大変だった。
この春でパソコン教室を止めてしまい、電車を使ってどこかへいくことがなくなっていて、最寄り駅が高尾の先だということも思い出せなくなっていた。
結局、成田から帰ってくるのに8時間かかった。
電話というのは、直接の会話よりずっと忘れてしまいやすく、受話器を置いた瞬間に会話の内容が忘れられてしまう。だから電話による誘導は思った以上に大変だった。

前回(今年の正月)に成田から帰ってきたときは、空港ボランティアの人にお世話になり、乗り継ぎのメモを作ってもらってその通りに帰ってくることができた。今回は携帯を持っていったので、誘導できるだろうということで、空港ボランティアに頼まなかったのが良くなかった。
前回は飛行機が4時間半遅れて、自宅に帰ってこれたのは7時半。今回は定刻より早く到着したのに、帰り着いたのはやっぱり7時半。4時間半も多くかかったわけだ。

昨日は通院で、事前に渡しておいたメモにしたがって、電車をバスを乗り継いで、予約時間に間に合うように病院に着いたわけだから、メモさえあれば、その通りに来ることができる。

今度行くときは今回の経験を生かして、もっと良い方法を考えよう。

ななちゃん、そこは暑いでしょ。

ねこは涼しいところを探すのがうまいということだけど、ななちゃんはダメそうだ。

ここはななちゃんお気に入りの昼寝場所。2階のソファーの下だ。
でも2階は1階よりずっと暑く、しかもこの部屋は南向きだ。
そこそこの暑さならここでも大丈夫だけれど、これじゃあ、ここはもしかしたら40℃を超えるのに。
P1010545.jpg

その点はるちゃんは着実に、涼しいところに陣取っている。
1階の北向きのトイレで、便器を抱いて寝るのがお気に入りだ。
たぶんそれが絶対涼しいはずだ。

仕方ないので、ななちゃんを抱いて1階に下りた。
手間のかかる子だ。

はるちゃんの耳舐め

はるちゃんはやたら耳を舐めたがる。
こちらが横になっているとチャンスとばかり近づいてきて、せっせと舐める。
暑い中で、熱い息がかかって、とても気持ちが悪いから、どんなに眠くても起き上がってしまう。

今日、耳を舐められているのはななちゃん。
私たちのようにすぐにどいたりしないで、おとなしく舐めさせている。
P1010464.jpg

耳の中をきれいにしておくのはレディのたしなみよ。
ななちゃん、じっとして。
はい、はるねえちゃん。
P1010462-001.jpg

ななちゃん、あんたは辛抱強いねえ。

おバカなはるちゃんのせいで遅刻です。

今日から出勤なので、5時前に起きて、はるちゃんとななちゃんにもご飯を食べさせ、自分も食べて、6時にはいつものドックランに向かった。
7時までに家に戻って、すぐ出かければ仕事に間に合う。
30分以上遊ばせられるから、はるちゃんも満足してくれるだろう。

というわけで、ドックランではるちゃんを放した。
今までは「帰るよ」って呼んで帰りかけると、どこからともなくはるちゃんが現れ、さほどてこずることもなく、リードにつないで戻ることができていた。
まあ、ちょっとてこずったとしても5分もあれば、リードにつなげるだろうと考えたのが間違いの元だった。
出勤しなければならないから、時間が切迫している今日に限って、呼んでもはるちゃんが姿を現さない。
5分くらい経過してやっと姿を現した。
私はあせっているし、怒っている。
これが良くなかったんだろう。
行けば怒られると思ったのか、おいでと呼んでも来ないのだ。
追いかけると逃げる。
それに捻挫した足も痛いからそんなに追いかけられない。

時間はじりじり過ぎていき、もう絶対に出勤時間に間に合わない。
有給をとるしかない。あーあ。

追いかけたり、呼んだり、ガタガタすること45分。
もう怒る気もなくなり、あきれ果てた。
思わず笑ってしまって、「こらー、バカはる。」って呼んだら、情けない顔ではるちゃんが足元までやってきた。藪にもぐったりしたせいで、ドロドロ。
ドロドロのはるちゃんをリードにつないで、それなりに急いで家に戻った。
ドロドロを洗っている暇なんかないから、そのまま出勤。
このドロドロは、全部家のなかに、ばらまかれちゃうんだろうなあ。
ねえ、ドロドロはるちゃん。
P1010537.jpg

はるちゃんは専用ドックランへ

捻挫して困ったのがはるちゃんの散歩。
なんせいつも1万歩以上歩くのが当たり前のはるちゃんだから、ちょっとそこまでという訳にはいかない。
私があまり歩かないですんで、はるちゃんだけ走らせられるのはここしかない。

ウバユリの咲く木陰の道を抜けて、びっこ引きの今の私の足でも5分ちょっとで行ける、はるちゃん専用ドックランだ。
この道はほとんど1日が当たらない。夏はありがたい散歩道だ。
ただ日が当たらないから、路肩にはコケが生えたりしていて、今日はうっかりすべって転びそうになった。
危ない危ない。
P1010479.jpg

さて、鼻が使えそうな街中のドックランとは比べ物にならないこの広さ。
これが第一ドックラン。
P1010491.jpg

下の第二ドックランは、ちょっと草ぼうぼうで、しかももっと広くてはるちゃんが見つけにくい。
右上隅の黒い点がはるちゃんだ。
P1010497.jpg

おまけに、お望みならば水浴びもできる。
はるちゃんは水が怖くて、はねている魚に気が引かれるものの、水に入るのをためらって岸辺をうろうろしている。
P1010511.jpg

決意して水に入ったものの、魚のところまではいけない。
魚の波紋が広がっているところだって、そんなに深くはない。
たぶん足は付くと思うけどねえ。
でも浅瀬で見てるだけ。
P1010517.jpg

これが今日の一番深いところ記録でした。
P1010533.jpg

捻挫してしまいました。

少し休暇をとって、普段はやれない畑仕事をしようと意気込んだら、休暇初日は雨。
しかも2日目に、はるちゃんの山道散歩の途中で足を踏み外して、捻挫してしまった。
このくらいの捻挫ですんだのが、もうけものだった。
急な傾斜を横切っている細道で完全に足を踏み外し、もう一方の足が斜面の木にひっかかって、滑落を免れた。ひっかかった足が体重を支える形で妙な具合にねじれたらしく、結構痛いが、曲がるし、腫れてもこないので、まあ大丈夫だろう。
滑落したらこれくらいの怪我ではすまなかったかもしれない。
しかし、曲げると痛いので、歩くのはちょっと不自由でびっこを引く形になった。
とても畑仕事はできそうにない。
仕方ないので、家の中の片付けに予定を変更した。

洋行中のお母さんの布団を干し、シーツも洗って、押入れにしまって、最後に枕を取り込んでしまおうとしたら、さっそくお邪魔虫が布団を占領していた。
まったく油断もすきもない。
P1010470.jpg

はるちゃんは高いところに上がれなくて残念だね。
P1010474.jpg

プロフィール

うりこ

Author:うりこ
トカイナカ暮らし15年。
ちょっと広めの家庭菜園を耕しています。
休日は母とわんこのはるちゃんと近所の山を徘徊しているか、畑を耕しています。
定年になったら、もう少し規模を広げて菜園というより農園をやりたいですね。ここでもいいけど、できたらもう少し暖かいところで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。