FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の食卓2

バケツいっぱいの野菜をどうしようか考えて、3分の1くらい取り分けてレジ袋にいれ、散歩のときに持って出た。そうしたらこの近くの畑を借りている人がちょうど車から降りたところだった。「野菜出来てますか?」って声をかけたら、「今はトマトだけだよ。」っていうので、こりゃ、貰ってもらえるかもと思い、袋の中身を見せて、「貰ってくれませんか?」って聞いたら、喜んで受け取ってくれた。良かった。

これで残りは全部ラタトイユにすればいい。これくらいなら、一番大きいなべなら入るだろう。

散歩から帰って、早速野菜を刻み始め、はっと気づくと1時間以上刻んでいる。
大なべいっぱいの野菜を刻むのは結構大変だ。
外食で野菜料理を頼むと目が飛び出すほど高いのは、この手間のせいだと納得できる。

本日のメニュー
P1010449.jpg

ラタトイユとグラノーラヨーグルトととうもろこし。
材料は同じだけど、味付けが違うと雰囲気も違って、毎日野菜の煮物でもそれほど飽きない。

次は同じ材料でサラダにしようか。
具沢山味噌汁もいいかも。 
スポンサーサイト

夏の食卓

夏野菜がばんばん取れだして、その処理に大わらわしている。
おかあさんはイスタンブールで、口がひとつ減っているし、今週は休暇をとっているので、職場に持っていくという奥の手も使えない。
というわけで、ご飯の代わりに野菜を食べるような勢いだ。
P1010441.jpg

枝豆ととうもろこしがご飯の代わり。
後は夏野菜のあっさり煮。
ピーマン、ナス、オクラ、ゴーヤなどとってきたものを、すべて出汁を効かせて薄味で煮込んだ。
和風ラタトイユって感じで、冷めてもおいしい。

こういう食事はお腹がいっぱいになるくらい食べても、太る心配はない。
ただ嵩が多いだけでカロリーがないってことは体にもわかるらしく、すぐにお腹がすくけれど。

大なべいっぱい煮たのに、まだ野菜はこんなにある。
P1010443.jpg

これを食べきったら、今度はにんにくを効かせて本当のラタトイユかな。

テーブルのななちゃん

猫のしつけとして最低限やらなければならないのは、トイレと爪とぎの場所、あとはテーブルにあがってはいけないということぐらいだ。
ななちゃんの場合、トイレは一度も失敗せずに覚え、爪とぎはななちゃんが勝手に決めた場所が、こちらにとっても都合の良い場所で、結局しつけらしいしつけをしていない。
テーブルにあがってはいけないは躾けるべきだったかもしれないが、それもしてない。
で、いつもこんな感じ。
P1010446.jpg

そばに茶碗があってお茶が入っていても、これを倒したりするような粗相はしたことがない。
私たちは、お茶菓子を摘みながら、猫も摘めるというわけで、テーブルに上がっても「まっ、いいか」になった。
ななちゃんを摘みながら飲むお茶はほんとにおいしい。これぞ癒しだ。

食べ物がたくさん並べられて、いるところがなくなれば、勝手にどくか、隅で小さくなるので、さほど邪魔にはならない。ななちゃんが好きなオトトが並んだときだけは要注意だけれど、すばやくオトトを掻っ攫うというようなことはしない。まず、じっと見て、最悪でも少し舐めてみてあたりでこちらが気づいて追い払うので、大きな被害にあったことはない。
今までななちゃんが掻っ攫うことに成功したものは、こちらにとってはどうでもいいもの、たとえばブロッコリーの軸とか、とうもろこしの軸とかだ。せっかく成功しても下で待ち構えているはるちゃんに取り上げられて、自分の口には入らないけどね。

お茶の間にななちゃんをかまっていると、はるちゃんが自分のおもちゃを持って、悲しそうな顔で寄ってくる。そこで悲しそうな顔をするのに、ななちゃんをいじめたりしないのが、はるちゃんのいいところだ。
逆光ではるちゃんの悲しそうな顔がうまく写らなかったけど。
おもちゃを持ってきたはるちゃんでした。
P1010447.jpg

お母さんはイスタンブールへ

ブログの更新というのは、まあいいやになってしまうと結構億劫で、ついに1ヶ月ぶり。
この間けっこう忙しかったとはいえ、更新できないほどではなかった。
これ以上放ってしまうともういいやになってしまうので、久方ぶりの更新。

それに仕事も夏季休業に入り、一段落。
お母さんもイスタンブールに旅立って、一段落。
久しぶりにゆったり気分だ。

今回は初めて、一人での渡航だった。
途中いろいろあったけれど、何はともあれ、イスタンブールの弟に会えたようで、無事到着のメールが入ってこちらも一安心だ。

成田空港までは送って行ったけれど、飛行機は見送り人が乗り込むところまで見届けられないのが厄介だ。
私の手を離れてから、荷物チェックがあり、パスポートのチェックがあり、なおかつ時間までに搭乗口に行かなければならない。ちょっと心配だ。
それで、トルコ航空のカウンターで行き合わせた観光客に、一緒に行動してくれるようにお願いし、お母さんには、その人の後を付いて歩くように行った。
とりあえず、これで、飛行機に乗るところまではうまくいった。飛行機に乗り込んだかどうかなんて、普通なら向こうに着くまで確認しようがないけれど、お母さんが携帯のスイッチを切り忘れていたため、GPSで滑走路にいるところが確認できてしまった。その後あせって電話して携帯をオフにするように言った。

カウンターでお願いした人は乗せるところまではやってくれたけれど、降りるところは関知してくれなかったようで、お母さんは言葉が通じない空港の職員の人に相当厄介をかけて、それでも無事に出口にいる弟に会えたようだ。

来年も状況が変わらず、イスタンブールにいけるということになったら、もう少し乗るまでと降りてからのフォローを事前準備したほうがいいようだ。

とにかく無事についてよかった。
プロフィール

うりこ

Author:うりこ
トカイナカ暮らし15年。
ちょっと広めの家庭菜園を耕しています。
休日は母とわんこのはるちゃんと近所の山を徘徊しているか、畑を耕しています。
定年になったら、もう少し規模を広げて菜園というより農園をやりたいですね。ここでもいいけど、できたらもう少し暖かいところで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。