スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おからこんにゃく

おからこんにゃくと言われてわかる人は、
健康食品にこっている人、ダイエットが趣味の人、ベジタリアン。
普通の人は、まず知りません。
「それって、おからとこんにゃくを使った料理ですか?」
って聞き返されます。

おからこんにゃくは、おからを混ぜて作ったこんにゃくです。
肉の食感があるそうで、から揚げ粉をつけて揚げれば、
鳥のから揚げっぽくなるということでした。
つまり、ダイエットしたい人やベジタリアンが使う肉の代用品です。

完成品も市販されていますが、めちゃ高い。
なので、こんにゃく粉を買って、手作りすることにしました。
私も食べたことはなく、どんなものが出来上がるかわからないので、
こんにゃく粉も控えめに注文しました。

こんにゃく粉は、ここが一番安かった。
凝固剤とおからこんにゃくのレシピもついて、100g 540円
メール便だから送料も安くて、160円。
http://kitamura-sake.com/konnyakuko.html

おからは近所の豆腐屋さんで買ったというより貰ってきました。
だって10円で、2kg以上あったし。
おからこんにゃくだけでは使い切れないので、
おからビスコッティ、おからサラダ、おからカレー、
もちろん普通のおからの煮物もこしらえて、
1週間おからを食べ続けて、完食しました。

で、おからこんにゃくですが、
同封されてきたレシピは卵を使っていたので、
これをヤマイモに代えて、作ってみました。

こんにゃく粉65g、おから500gで山ほどできます。
DSC01991_convert_20101031063429.jpg

これをラップにくるんで、1個ずつ冷凍します。
冷凍するとこんにゃくっぽさが抜けて、より肉っぽくなるそうで。

こんなにできちゃってどうしようと思ったんですが、
この山のようなおからこんにゃくが、2週間でなくなってしまいました。

千切りにしてピーマンなんかと炒めたチンジャオロース風は、それなりにおいしかったけど、とても肉とは思えず、これならセイタンの方が肉らしいと思いました。

またまた、ベジタリアン用語が出てしまいました。
セイタンについては次の機会に説明します。

油をとってもケチっているから、もう少し油をたくさん使えば、
もっとチンジャオロース風になったかもしれないけれど。

おからこんにゃくはフードプロセッサーで砕いて、
そぼろ風にすると、さっぱりしたひき肉風になります。
肉をやめる前も、ひき肉料理が多かったので、
これをひき肉代わりに使っているうちに、なくなったというわけです。

写真はヒヨコマメとマカロニのドライカレーです。
ひき肉の代わりにおからこんにゃくを使っています。
DSC02000_convert_20101031063544.jpg
ノンオイルだけどめっちゃうまいです。
私がノンオイルに慣れて来たせいもあるけど。

この間、友達とランチを食べに行って、
久しぶりにオイルたっぷりのひき肉料理を食べたけど
おいしいとは思えなかったです。
油がギトギトしてみんながおいしいといっているのが不思議なくらい。
これなら、家でおからこんにゃく、オイルなしで作ったミートソースの方がうまいと思いました。

ぜひ、このおからこんにゃくでハンバーグや餃子を作ってみようと考えているうちに、おからこんにゃくの方がなくなってしまいました。

また作らなくちゃということで、こんにゃく粉を注文しました。
今度は500g。
まだこないけど。

今度作るときは、もう少し、おからとヤマイモを多めにするつもり。
おからを多めにするとより肉っぽくなるらしいから。







スポンサーサイト

やっぱり寝るときはお布団がいい。

朝晩は涼しいを通り越して、寒くなり始めました。
そして、はるちゃんもトイレで寝ることをやめて、
母の布団でぬくぬくと寝るようになりました。
DSC02002_convert_20101025050230.jpg

寝室のふすまは閉めてあって、入れないようにしてあったのに、
朝起きてみるとちゃっかり母の隣で寝ていました。
よく見てみると、縁側へ通じる障子の一番隅っこが破られていました。
家具が置いてあるので、ちょっと見えない場所です。
ここから、縁側づたいに侵入した模様です。
なかなか知能犯。

それ以来、お昼寝もコタツ布団の上でするようになって、
トイレははるちゃんの部屋ではなくなりました。
ただ昨晩、何かわからないものをくちゃくちゃ噛んだあげく飲み込んでしまい、
母にこっぴどく叱られたときは、トイレに逃げ込んでいました。
ちょっと寒くても一番安心できるのかな。


コレステロール値が上がった?

ベジタリアン食を始めて1ヶ月半のところで健康診断があり、
その結果が最近出ました。

コレステロール値や中性脂肪がどれだけ下がるかを楽しみにしていたのに、
コレステロール値も中性脂肪も逆に上がってしまいました。
いつも100前後の中性脂肪は、169
いつも80前後のLDLは、96

下がったのは善玉コレステロール値だけ。
いつも80前後なのに、今回は59

なにこれ。
ちょっとがっかり。

ベジタリアンなんてもうやめちゃおうかなあと一瞬考えました。
でも、1回の結果で早急に判断するのはまずいと考え、
とりあえず続けることにしました。
でも、ちょっと気合が薄れたのは事実です。
油物なんかもきっちり制限していたのですが、
まあいいやになりました。
お土産に貰ったお菓子なんか、誰かにあげてしまっていたのですが、
ここのところ、貰ったものは食べています。

パニック

先日、母の古い友人が集まる会があった。
場所がちょっと遠い。相鉄線の和田町。
我が家からだと、八王子へ出て横浜線に乗り換え、町田から小田急線に乗って、大和で相鉄線に乗り換える。電車に乗っている時間だけで2時間弱。
私は仕事なので、ネットで調べた電車の乗り継ぎ方のプリントをテーブルに置き、9時には家を出ないと待ち合わせの時間に間に合わないからと繰り返し言い、何かあったら、必ず携帯に連絡するようにと言って、職場へ向かいました。

途中、私の携帯がなることは無く、母は7時半ごろ、ご機嫌で帰宅しました。
「よかった。時間に間に合ったんだねえ」というと
「乗り継ぎがスムーズだったから。」
「そう、よかったねえ。Oさんとバスで行ったの?」
「Oさんと? バスで行ったけど一人よ。行き方わかっていたし。」

げっ、話がおかしい。
母は、友達と和田町の改札で、12時にまち合わせをしていると言っていたのだ。
友達は行き方を知っているけど、母は知らないから、そこで合えないと行けないからということだった。
だから、万が一を考えて、前の日にお友達に電話して、携帯の電話番号を聞いておいてもらった。

そうか。時間に行けなかったのか。
「まち合わせしたんじゃなかったっけ?」
「ちがうわよ。直接集合することになってたし。」
やばい。約束したことを忘れちゃっている。
母によると、駅から一人でバスに乗って、バス停に下りたところで電話して、迎えに来てもらったということだった。
それから、その日のお友達の様子を聞いてみると
「なんか、Kさんはすごく不機嫌で、私とは口をきいてくれなかった。どうしてだろう。」

真相を知りたくて、母の携帯の送信履歴を見てみると
母は約束の時間の50分後に、私の携帯ではなく、我が家に電話していた。
当然かかるはずはない。
何度か我が家にかけてから、メモしてあった友達の携帯番号に電話している。
母は駅からの行き方をこの電話で聞いたのだろう。
それから1時間後、別のお友達から母の携帯に電話が入っている。
駅からそう遠いわけでもなし、そろそろ着かなきゃおかしいと考えた誰かが、電話してくれたものらしい。
母はその電話に折り返し電話して、事情を話して迎えに来てもらったのだ。

そりゃ、友達が不機嫌だったはずだ。
約束をすっぽかしたことを忘れて、しかも道に迷って、みんなに心配をかけた。

こう書いてしまうと、母は完璧なボケ老人に見えるだろう。
しかし、母がここまでひどい物忘れを起こすのは、物事がうまくいかなくなくて、パニックを起こしたときだけなのだ。
母はその日の朝まで、友達と12時に待ち合わせたことをしっかり覚えていた。
よくよく事情を聞いてみると、朝、犬の散歩から帰って、いつもどおりに洗濯を始めてしまい、洗濯を終えて一息ついたところであわてたらしい。
あわてると母はいつも頭が真っ白になってしまう。
ここで私の携帯に電話してくれればいいのに、こういうときに携帯に電話してくれたことは一度も無い。
自分だけでつじつまを合わせようと奔走してうまくいかず、しかも、うまくいかなかったことはきれいに忘れてしまう。

 母の失敗は、すべて時間に関係している。
母のペースで時間がゆったり流れているときは、記憶も確かだ。
それなのに時間に間に合わないと気づいて泡を食うと、そこでとんでもないことをしてしまい、ますます傷を深くした上に、その結果起こった不都合をきれいさっぱり忘れてしまうのだ。
この傾向はもう1年以上前からあった。
あまりに都合のよい忘れ方に私はアルツハイマーより神経症を疑ったくらいだ。
いろいろ調べてもアルツハイマーにはそんな症状が無かったからだ。
しかし、母はアルツハイマーだった。

 アルツハイマーで一番先にダメになるのは社会性だという。
母も自分のペースを変えられなくなり、時間通りに動くということが真っ先にできなくなった。
普通の人々はなんと言うことも無く、自分のペースを社会のペースにあわせることができている。
しかし、社会に合わせるというのは、頭にストレスをかける大変な仕事なんだということが、母を見ているととってもよくわかる。
だからこそ、ボケを防ぐためには積極的に外にでて、人に交わることが奨励されるのだろう。
母にも、なるべく外の風に当たってほしい。外へ出るのは難しいことだから、失敗も増えるだろうけれど。

はるちゃんのお友達

はるちゃんは、全く物怖じしない子です。
誰にでも愛嬌を振りまくし、
どんな犬とでも遊ぼうとします。

だがしかし、はるちゃんがいくらその気でも、
相手は全くその気になってくれないことも多く、
結局、お友達といえるのは、この子だけ。

ご近所のタケルくんです。
DSC01994_convert_20101017183121.jpg

タケルくんはご機嫌な子で、大きさもはるちゃんよりはちょっと小さめだけど、だいたい同じくらい。
タケルくんのお家の人たちも解放的な人たちで、
タケル君とはるちゃんが遊ぶことを喜んでくれるので、本当にいい遊び友達です。

2匹が上になったり、下になったりしながら遊ぶのを見てるだけで、心が和みます。

はるちゃんの部屋

夏のあいだ、はるちゃんが根城にしていたトイレに
涼しくなっても、そのまま居つく様子です。
遊んだり、食べたりするときは出て来るけれど、
それ以外は、いつもトイレでお休み中。

最近、母が元気で、お散歩も長いので、
それだけで遊びは充分なようで、
お部屋で休憩しているときが多いです。

DSC01992_convert_20101013060409.jpg

トイレは玄関脇にあるので、
誰か来れば、すぐわかるし、そこも都合がいいのかもしれません。
お留守番しているときも、いつもそこにいるようです。

結局、サークルはトイレだけになってしまいました。
そのトイレも最近は外ですることが多く、
あまり、使用されていません。

母は快調

母はとても快調です。
アリセプトが効いているからというだけではないような気がします。
アリセプトを飲み始めて、気力がもとに戻り始め、
当初は活動量だけが増えて、注意力は戻ってなかったので、
どうなることかと思っていたのですが、
ここのところで、注意力も記憶ももとに戻り始めました。
以前の母が帰ってきた感じがします。
今まではその日の出来事を楽しそうに話した人が、
何を聞いても話しの糸口がなく、会話がなくなっていたのに、
また、少しずつその日の出来事を楽しげに話すようになってきました。
つまり、その日の出来事をよく覚えているということです。
どんな人にあってどんな話しをしたとか。
なんせよくしゃべる人なので
私のご近所情報はすべて母から来てました。
それがなくなっていたのが、復活の兆しです。

アリセプトのせいだけではないと思うのは
母に復活したのは、記憶や注意力だけではないからです。
母は、だいぶ前から嗅覚が悪くなっていて、
本人もガス漏れでも気がつかないんじゃないかと心配していました。
それが戻ってきたようなのです。

アリセプトは注意力を上げるだけで、
神経細胞を復活させるわけじゃないから、
失われた嗅覚が戻ることはないと思われます。
神経細胞が復活するなら、病気の進行も食い止められるわけで、
ほのかな希望が見えてきた感じがします。

蕁麻疹、その後

昨日の朝、全身に生じた蕁麻疹は、夜になっても衰えず、
体中が熱をもって、かゆく、ほとほと困り果てました。
過去にも蕁麻疹になったことはあるけれど、
数時間で消えてしまい、こんなにしつこいのは初めてでした。

土曜の午後じゃ診療所はお休みだし、どうしようと考えて、
はたと思い当たったのが、3月に貰って使い切れなかった花粉症の薬。
使い切れないというより、2日に一度しか飲まないから、必ず余る。
私の場合、処方されているエバステルという薬の効力は48時間は続くようなので、
1日おきにしか、飲んでいない。
残った分はとっておいて、次の年に使えば、医者に行くのも1年おきですみます。

エバステルは蕁麻疹にも効くんじゃないかと考えて、検索してみたら、
蕁麻疹にも処方されていました。

なので、エバステルを飲んで、晩御飯も食べずに寝てしまいました。
かゆみがひどくてなかなか寝付かれなかったけど。

そして今朝。
蕁麻疹はうそのように消えて、
一番ひどかった腹部に若干赤みが残るだけになりました。

これって、薬が効いたんだろうか。
それとも、何もしなくても治るものだったんだろうか。
その辺りはわからないまま。


蕁麻疹

昨日の夜からなんとなく肌にかゆみがあって、
朝起きてみたら、全身に蕁麻疹ができていた。

職場にストレスがあったことは確かだし、
ダイコンが全滅して気落ちしたこともあるけど
蕁麻疹とはねえ。
体力が落ちているのかしら。
やっぱり、このビーガン食に無理があるのかなあ。

一昨日の健康診断では、今まで下がり続けて、
ついに0.4と0.6になっていた視力が0.8と1.0に戻り、
食事療法の成果かと喜んでいたのに。

蕁麻疹が頻鎖にでるようなら、
食事をもとに戻すことも考えないとね。




がっかり

数年前から、発芽したダイコンの芽をコオロギに食い荒らされるようになったので、
発芽後から少し大きくなるまで、サンサンネットなどで被覆するようにした。

先週、発芽が揃って、少し大きくなったダイコンを間引き、もう少しと思って、
ネットをそのままにしたのが失敗。
蒸れて弱ったところへ虫がつき、今日ネットは外してみたら、
ほとんど全滅。
もう涙もでない。
蒔き直しもできないし。

ダイコンでこんなに失敗したのははじめて。

今年は白菜やブロッコリーもいまいちだし。
これから蒔いて間に合うのはなんだろう。
小松菜か、カラシ菜くらいかな。
畑が開いてしまうのはさびしいから、明日カラシ菜でも蒔こう。





減塩生活

私は大学に入るころまでは、塩辛いものがとても好きでした。
そして、大学に入って最初の健康診断で、高血圧と診断されて、
大学の保健センターから呼び出しを受けました。
が、最初の年はシカトしました。
次の年の健康診断も同じ結果で、また呼び出され、
しかたなく出かけていったところ、食生活について聞かれ、
減塩するようにいわれました。

それから1年、塩辛いものを止め、できるだけ薄味の生活を心がけて、
健康診断に臨んだところ、血圧は信じられないくらい下がり、
完全に基準値内に治まりました。

それ以来、薄味を心がけるようになりました。
そうすると体が慣れるんですね。
今度は、好きだったラーメンの汁が塩辛くて飲めなくなりました。

ある日、はじめて入った中華料理店で塩ラーメンを頼んだところ、
スープが薄味で、全部飲むことができ、感激しました。
素晴らしいお店を発見したと胸が躍りました。
数日後、また同じ塩ラーメンを注文したら、口が曲がるほど塩辛かった。
塩の量を間違えたのかと思い、また数日後、塩ラーメンを注文したんだけど、やはり塩辛い。
あきらめきれずに、もう1回塩ラーメンを頼んで、やっぱり塩辛かったときに、
最初の時が間違いで、お店の人が塩を入れ忘れたんだと気づきました。
まさか塩を入れない塩ラーメンをくださいって頼むのも気が引けるので、
結局そのお店はそれきりになりました。


最近、病気と栄養に関する本をたくさん読んで、
我が家の薄味はますます拍車がかかりました。

で、数日前、近所のお家のホームパーティに行ったとき、
そこのお家の料理が食べられなくなっていることに気づきました。
以前は食べられたのに、野菜の煮物も、けんちん汁もあまりに塩辛く、
他の人たちがうまいうまいと食べているのが不思議なくらいで、
私はけんちん汁の中身だけすくって、汁を残しました。
残す度胸のない母は、こっそり汁をビールで薄めていました。

減塩に拍車がかかってから1ヶ月しかたっていないのに、
身体って本当に素早く慣れるものなんですねえ。

玄米の発芽に失敗

ミキサーがきたので、もう一度、発芽玄米ヨーグルトを作ろうとして、玄米を水に漬けました。
今度は早く発芽させようと思って、最初からヒーターを使いました。
そうしたら、最初に水を替えたときに水が濁りました。
匂いも前に比べてきつい。
嫌な予感がしたけれど、そのまま続行しました。

しかし、

4日たっても発芽しませんでした。

前は2日間はそのまま。その後ヒーターを使って、1日後には発芽するものがあり、
2日後にはほぼ発芽が揃って、ヒーターってすごいって感激したのに、
どうしちゃったんだろう。

今日は5日目。
水もますます濁り、発芽の形跡すら見えず、匂いもますますきついので、あきらめました。

今日新たに玄米を水に漬けました。
今度は最初はヒーターなし。
明日からヒーターを入れようかな。


発芽玄米ヨーグルトに限らず、豆乳ヨーグルトにしても、
おからのクッキーにしても、毎日が実験気分。

特に発酵や発芽は、結果が気になって、仕事から帰ってくるのが楽しみ。
なんて面白い世界に足を踏み入れたものだろう。

ついでに今日焼いたおからクッキー第二段は、焼き上がりからいまいち。
また、この前のレシピに戻って改良の余地あり。







ノンオイル、ノンソルト、ポップコーン

最近、お気に入りのおやつです。

作り方はいたって簡単。
おまけに安い。
ポップコーン用のトウモロコシなんて、1kgで276円ですからねえ。
1回に食べる量はせいぜい50g。
1回分、15円くらいだけど、結構できます。

オイルも塩もなしだから、ヘルシー。
いくら食べても安心です。

作り方は
A4版の紙袋をふくらまして
コーンをいれ、口を2つ折りにして、
我が家のレンジだと6分間。
職場のレンジだと5分弱。
同じ500Wなのに時間がだいぶ違う。
だから、レンジによって自分で時間を見計らうしかない。

がんばって一度に全部はじけさせようとすると、
早くにはじけたものは焦げ始めるので、一度に全部はじけさせようとしないこと。
早くにはじけたものを袋から出して、はじけてないものをレンジしても、
どうしてもはじけないものが残ってしまう。まあしかたない。

暖かいうちは本当においしい。
さめる前になくなるから、さめたらどうなるかはわからない。

おからのビスコッティ

おからって、お豆腐屋さんで買うと山ほどくれます。
にんじんや油げ、切り昆布や干しシイタケ、えのきを入れて普通に炊いたおからはおいしいけど、
大なべいっぱい作っても、買ったおからを消費できませんでした。

そこで、おからを消費するために、
おから、クッキーで検索したら、すごくたくさんヒットしました。
今日はこのレシピを参考にビスコッティなるものを焼いて見ました。
http://cookpad.com/recipe/708583

我が家では白砂糖は使わないし、卵も使わないので
多くのレシピはそのままは使えません。

卵の代わりに酒粕を加え、白砂糖は黒砂糖に変えて控えめにし、
代わりにレーズンやレモンピールやクルミをたっぷり加えて焼いてみました。
DSC01988_convert_20101001133952.jpg


焼きたての熱いときはおいしかったけれど
冷めたら、ちょっと堅くなりました。
改良の余地ありです。
でも、おからが入っているとは思えず、
ちょっと堅めをのぞけば、味はいいです。

今回のレシピ
  おから       250g
  全粒薄力粉     200g
  酒粕         50g
  黒砂糖        50g
  ベーキングパウダー  10g
  レーズン       50g
  クルミ        50g
  レモンピール     50g
  シナモン       少々  

レモンピールはレーズンに比べて存在感がなく、値段も高いので、もう買いません。

次は粉の分量を減らし、おからを分量を増やして、以下のレシピを参考して
もう一度トライしようと思います。
http://cookpad.com/recipe/1023167

たぶんこっちの方が堅くならないと思われます。
このレシピならそのまま使えたんだから、
はじめからこっちにすればよかったかも。

豆乳ヨーグルト

できました。
豆乳ヨーグルト。
夜にヨーグルトメーカーを35℃にセットして、
朝起きてみたら、できていました。

これ以上酸っぱくなっては困るので、容器ごと冷蔵庫に入れました。

なめらかであっさりしていて、これなら黒蜜なんかかけなくても
いくらでもいただけます。
DSC01987_convert_20101001114219.jpg

私は牛乳が嫌いなので、普通のヨーグルトよりこのヨーグルトのほうがいいです。

以前は、健康のため、牛乳を飲まなくちゃと思っていたけれど、牛乳は嫌いなので、
カスピ海ヨーグルトを作って毎日食べていました。
2年位前にヨーグルトはやめてしまったけれど、
胃腸の調子はヨーグルトを食べていたときの方が微妙によかったかなと思います。

私はもともと胃腸が丈夫で、便秘は子供のころをのぞけば、ほぼしたことがなく、
下痢も「最後にしたのはいつだっけ」と考えても、ちょっと思い出せないくらいで、
胃腸の調子はいつもよいので、変化と言っても微妙なところなんですが。

この豆乳ヨーグルトはおいしいし、簡単にできるので
常時作っておけば、おやつに便利です。

今度はもっとたくさん作って、このヨーグルトからチーズを作ってみようと思っています。

種に使った生発芽玄米ヨーグルトの方はまだ残っています。
ちょっと食べにくいので、今晩おからハンバーグでも作って、
種に練りこんでしまおうと思います。








プロフィール

うりこ

Author:うりこ
トカイナカ暮らし15年。
ちょっと広めの家庭菜園を耕しています。
休日は母とわんこのはるちゃんと近所の山を徘徊しているか、畑を耕しています。
定年になったら、もう少し規模を広げて菜園というより農園をやりたいですね。ここでもいいけど、できたらもう少し暖かいところで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。