FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あてにならない

なにがあてにならないかって?
園芸書や苗についている非耐寒性の表示
下の写真は我が家で3回目の夏を迎えたアカリファ・キャッツテール
DSC01630_convert_20100730221422.jpg

路地植えで何の保護もしていないのに、
2度も冬を乗り切りました。
非耐寒性と表示されているのにねえ。
ここいらは氷点下8℃くらいまで下がることがあります。
半耐寒性という表示のものも、越冬に失敗することは多いので
これが冬を越せるなんて思ってもいませんでした。
1年草のつもりで植えたのに、
厳しい冬に耐えて何度も花を咲かせてくれて、しかも丈夫。
もう少し暖かいところならグランドカバーに使えるんではないでしょうか。

やってみないとわからないものですね。

スポンサーサイト

きくらげ

剪定した木をしばらくほったらかしにしてあったのだけど、
邪魔なので、片付けようとしたら、
みてください。きくらげが出ている。
DSC01624_convert_20100729194810.jpg

置いておけばもっと出るかもしれないと思ったので、
これはキウイ棚の下のしいたけの原木を置いてあるところに立てかけました。
DSC01626_convert_20100729194900.jpg

しいたけは来年の秋から収穫できるということなので
これも楽しみ。

植えた覚えはないんだけれど

そろそろみょうがが取れ始めました。ほら。
DSC01619_convert_20100726040947.jpg

そんなに取っても食べきれないし、取るのが面倒なので、今日はこれだけ。

みょうがは丈夫でめちゃめちゃ増えます。
こんなところに植えた記憶もないのに、一面みょうが。
DSC01621_convert_20100726041105.jpg

我が家にはこんなみょうがの藪が何箇所かあります。

生えて欲しくないところにも生えてくるので、
がんばって抜きますが、なかなか根絶できません。
ほとんど雑草です。

みょうがの漬物はおいしいから、作ったこともあったけれど、
ここ数年やっていない。
今年はがんばってみようかな。

はるちゃんは大物

外はピカピカゴロゴロすごい雷雨なのに
みてください。この悠然とした様子。
DSC01623_convert_20100726040901.jpg

ともちゃんは雷雨の兆しを感じると
部屋の隅で震えていました。
それも、私たちが感じるより前に感じるので
正確な雷予報官でした。
当然、そんなときにお散歩なんか行くはずもなく、
以前、「犬と散歩中の人が雷に打たれて亡くなった」という記事を読んだとき
「犬が雷がくるのに散歩にでたなんて、嫌がっているのを無理やり連れ出したのかしら。」
なんて思っていましたが、
犬にもいろいろいるんですね。

すごい雷だったんですよ。
我が家周辺は落雷のせいで停電しちゃったんだから。
復旧するまで1時間ちょっと。

どこから来るのか知らないけれど、
工事の人が到着するまでが長いです。
あちこちでサイレンが聞こえ始め、
その一つがはるちゃんがワンワンいうほど近くで止まってからは速かった。
それから15分くらいで電気がつきました。

こちらに来てから10年。停電は初めてです。
そんなめったに起こらない停電に備えている人たちがいるんだと思ったら感動しました。
ありがたいことです。

はるちゃんはピカピカガシャーンが始まったときは、外に向かって吠えていましたが、
すぐに興味をなくして遊び始め、
遊びつかれて寝始めました。
雷を恐れている様子がありません。
雷が来るときに散歩に行って、雷に打たれちゃっても
何の不思議もありません。

これなら花火も大丈夫かも。

今年は8月1日の相模湖湖上祭をはるちゃんと楽しめるかもしれません。

shuで晩御飯

藤野でお洒落なレストランといえばここしかない。
ランチは時々来ていたけれど、夜ははじめて。
もちろんはるちゃんもはじめて。
DSC01599_convert_20100724141745.jpg

はるちゃんがいるから、中には入れないけど、
中に入る気もありません。

今日はsyuの定番、野菜たっぷりカレー
家で作るカレーはもっと野菜たっぷりだけど
外ご飯だから、目をつぶろう。
DSC01600_convert_20100724150015.jpg

最初ははりきっていたはるちゃんでしたが、
何ももらえないとわかって、ふて寝。
ついて来るんじゃなかった。ひどいわ。
DSC01597_convert_20100724150102.jpg



猛暑

この猛暑で、はるちゃんは昼間はほとんど活動しなくなりました。
たぶん我が家で一番涼しい場所で、ずっと寝ています。
DSC01616_convert_20100725150355.jpg

そう、トイレです。

北向きで涼しいし、
便器の感触もひんやりしているしね。

昼間ずっと寝ているせいで、すっかり夜型です。

最近は夜はよく寝てくれて、夜中におしっこしたりすることがなくなっていたのに、
また、夜中におしっこしたり、ウンチしたりするようになりました。

うーん。困った。

お暇なら来てよね

藤野町ではしょっちゅうちょこっとした催しが行われていますが、
これはほんとに小規模。
ご近所数件がちょっとやろうかってのりで、
カフェというかお休みどころを設営し、
 「ビールやおつまみ、手作りのパンやケーキ、
  ランチにネパールカレーを用意しました。
  フリーマーケットもやっているし、アクセサリーの無料修理も致します。
  お暇なら来てよね」って感じ。

お暇だったので、行ってみました。
やまなみ温泉行きのバスに乗って、中尾で降りてすぐのところです。
DSC01607_convert_20100724134359.jpg

パンもおいしくて安く、ネパールカレーもたっぷりめで500円。
隣の人が食べているのをみて、絶対食べきれないと思ったので、私たちは2人で1つ。
さらにフリマでハンカチが一枚10円だったので、これを6枚買い込み、
ぴったりで履きごごちのよい靴を300円で買いました。

でも今回わざわざやってきたのは、アクセサリーの修理というのに惹かれたから。
アクセサリーの修理はこちらだって。
DSC01604_convert_20100724134458.jpg

看板犬のキビちゃんです。
はるちゃんがずっと遊ぼうよって追いかけたけれど
すげなく逃げられました。
でも、どの犬に対しても逃げちゃう子で、
はるちゃんだけがふられたわけじゃないんだって。
DSC01603_convert_20100724134546.jpg

今回修理に持っていったのは、赤のビーズのアクセサリーで
渋めの赤がお気に入りだったのに、
糸が切れてここ何年かそのままになっていました。
それがワイヤー代と散らばった時に無くなってしまったビーズの代わりのビーズ代、
〆て100円でよみがえりました。感激。
DSC01608_convert_20100724134633.jpg

でも帰ってきてから、もう一つ鎖が切れちゃったお気に入りのアクセサリーがあったのに気が付きました。
これはまたの機会ですね。




ハクビシンかな

真夜中に家の畑にやってきて、お食事したやつがいますね。
ほら、キュウリが半分齧られている。
DSC01614_convert_20100724050441.jpg
被害が少ないところをみると、
そんなに大きなやつじゃない。
ハクビシンですかね。

防御するかって?
「いえいえ、キュウリなんかいくらでもお食べください。」って感じですよ。
だってほら、昨日1日取らなかったら、
今日はこんなに取れちゃう。
DSC01613_convert_20100724050404.jpg

とても食べきれないから、
母が散歩のついでにこの辺りで畑をやっていない家に配ったりするのだけれど
畑をやっていない家もいろいろなところから貰うらしく、
旬のキュウリなんかあまり喜んで貰えない。
しかたないので
私が職場まで運んでいくことになるのだけれど
これだけあるとずっしり肩に食い込むほど重いです。

漬物にしたこともあったけれど
キュウリが勢いをなくすころには、ゴーヤやピーマンやトマトが勢いづき、
それらが勢いを失うころには、もう冬野菜ができ始めるから、
漬物なんか食べるときがありません。

結局、保存食は作らなくなりました。


えっ、歯が折れた

ご飯のあと、はるちゃんの歯を磨いてあげていたら、
犬歯がぐにゃっと、折れてしまいました。
最近、歯を磨いているときに血が出ることがあって、心配だったので、
獣医さんに行ったときに、「この子の歯はまだ乳歯ですかって」
助手の人に聞いたら、
「永久歯じゃないですか」って言われたので、
たいへん、永久歯が折れちゃった。
おまけに反対側の犬歯は、すでにない。

「たーいへん。たいへん。
 こんなに簡単に歯が折れちゃうなんて、この子異常体質かしら。」

「でも待てよ。」と思って
グーグルで「犬 乳歯 時期」で検索してみました。

そうしたら、「犬歯は4ヶ月から5ヶ月で生え変わります。」だって。

なあんだ。はるちゃんは、ちょうど5ヶ月だから、ちょうどその時期にさしかかったわけ。

安心したので、記念に写真を撮りました。
ほら、犬歯が折れちゃっている。
DSC01612_convert_20100720220301.jpg








熱中症注意

はるちゃんにブラシをあてていたら、毛の中に丸いものが。なんだこれ。

ひょえー、血を吸ってコロコロになったダニ。

すぐフロントラインを貰いに行かなくちゃ。
ついでに爪も切ってもらって、体重も正確なところを測ってもらおう。

獣医さんは夜7時までです。
だから、夕方の散歩をかねて、6時前に家を出て獣医さんに向かいました。
獣医さんまでは歩いて30分以上かかります。

なかなかしゃれた獣医さんでしょ。
DSC01590_convert_20100721191135.jpg

最初のうちはおりこうさんな感じで、静かにしてました。
おう、こいつも大人になったか。
DSC01592_convert_20100721191258.jpg

でも、爪を切り始めたら、やっぱり徹底抗戦。
「ちょっと切ってもすぐ血が出ちゃう。そんなに伸びてもいないのに」
と爪を切っていた助手の人がぼやいていましたから
痛かったのかも知れないけれど。
DSC01594_convert_20100721191340.jpg

体重は4.7キロ。もうお母さんの体重まで後200gのところまで来ました。

びっくりしたのは、体温が40℃を超えていたこと、
「これはまずいですよ。ちょっと待って下がればいいけど。」
というわけで、少し待ってもう一度測ったら39.5℃。

「下がり始めたから心配ないですよ。暑いところを歩いてきたからだね。」
ということだけど、これって熱中症の一歩手前ってことですか。

確かに暑かった。それほどはあはあしてはいなかったけれど、
途中、何度か歩きたくなさそうに草の上に座り込んだ。

つらかったんだ。きっと。
今度は歩きたくなさそうにしたら、気をつけなくちゃ。




ブルーベリーとヤマモモ

150円の苗を買って、ただ植えただけで何も手をかけていないのに、
ブルーベリーは、毎年こんなに実をつけます。
DSC01475_convert_20100720195729.jpg

鳥の防御のために網をかけているところも多いけれど、我が家はほったらかし。
それでも鳥害はそれほど気になりません。
どっちにしろ食べきれないし。

これはハイブッシュベリー、そろそろラビットアイ系も色づき始めます。
品種はハイブッシュベリー2種、ラビットアイ2種だけれど、
ラビットアイとハイブッシュベリーは、さすがに見分けがつくけれど、
同じ系統の2種は見分けがつきません。
植えてある場所によって味も違うようで、品種の微妙な違いなんか私はわかりません。

左のブルーベリーの大きい実がハイブッシュベリー、小さい実がラビットアイ。
やっぱりハイブッシュベリーの方がおいしい。
DSC01609_convert_20100720200011.jpg

右はヤマモモ、品種は森口。

これも手をかけてないのに、たくさんなります。
黒っぽく見えるくらい熟したものは本当においしいけど、日持ちしない。
だから、ホームフルーツとしては最高だと思うのに、あまり植えられてないですね。
何でだろう。







ここまでおいで

ここはそんなに深くないんだけど、とっても慎重。
DSC01577_convert_20100720194220.jpg

この間うっかり深いところはまって、必死に泳いで脱出してからというもの、
お腹の毛が水に触れるような深さには立ち入らないようになりました。

おやつを持ってここまでおいでと呼んでいるのですが、
本当におっかなびっくり。
見てください。このびびった顔
DSC01580_convert_20100720194300.jpg

私の立っているところは10cmくらいの深さのところで
流れもゆるやかだから、はるちゃんだって充分に足が立つはずなんですがねえ。

結局、最終的に私がおやつを持って、もう少し浅いところに移動する羽目になりました。

夏の昼ごはん

キュウリはどんどんなるし、
枝豆は早く食べないと大豆になっちゃう。
トウモロコシもそろそろ食べごろ。

てなわけで今日のお昼ご飯はこんな感じになりました。
全部取れたてだから、めっちゃおいしい。
DSC01584_convert_20100717151739.jpg

右下のお皿の赤いのはヤマモモ。黒いのはイチジク。

ブルーベリーもいいけど、ヤマモモもおいしい。
ただ時期が短いのが難点。
食べられるのはせいぜい2週間。
これもいろいろな品種を植えれば、1ヶ月はいけそうだけど、残念だけどもう植える場所がない。

イチジクは夏秋品種だけれど、夏はほとんどならない。
秋は9月以降。ブルーベリーが終わってから。
樹上完熟のイチジクは本当に甘くておいしい。
ほったらかしでもできるから、我が家の周辺でも植えてあるところは多いけれど、
食べている気配はなく、すべて鳥さんのえさになっている。

こんなにおいしいのに、なんで食べないんだろう。


はるちゃんは猫犬

ここはともちゃんのお気に入りの水浴び場でした。
お子様専用の浅いところばかりでなく、深いところも多くて、
でも流れは穏やかだから、流れをさかのぼることもできるし、
流れに任せて泳ぐこともできます。

川岸は竹やぶで日影があって、腰をかける場所もあるので、
私たちもお気に入りの場所です。

飛び石の所は浅いから大丈夫。
DSC01572_convert_20100717103840.jpg

でも他のところは深すぎて、はるちゃんにはちょっと無理かも。
ビビッてますね。
DSC01571_convert_20100717104005.jpg

水遊びはあきらめて
石垣の上の竹やぶあたりで、しばらくご機嫌に走り回っていたはるちゃんでしたが、
何を思ったか結構急な石垣を降り始めました。
蟠夜剄繧垣convert_20100717104843

それほど怖がってもおらず、結構簡単に降りてきました。
前に、うっかり泳いでしまったときは2度と泳ごうとしなかったのに
これは、その後も何回もやっているところを見ると怖くはなかったんでしょうねえ。

私たちから見れば、泳ぐほうが簡単で、崖を降りるほうがずっとたいへんそうに見えるのに。
本当に猫みたいな犬ですね。






やばい、にんじんが見えない。

見てください。このにんじんの畝。
どこににんじんがあるかわからない。
DSC01562_convert_20100711180228.jpg

びっしり生えてきたのは、スベリヒユ。

去年、この畝は冬野菜の植え付けまで空いていて、
スベリヒユを生やしっぱなしにしてありました。
スベリヒユは丈が高くならないし、まあいいだろうということで。
こんなになることがわかっていたら、種をつける前に、抜いたのに。

細かいスベリヒユを抜いて、にんじんの芽生えを救出するまでに、
いい加減時間がかかりました。
ああ疲れた。
DSC01563_convert_20100711180326.jpg

我が家の畑は完璧な除草はしません。
今だって隣の畝は、ほら、このとおり。
DSC01431_convert_20100711183750.jpg

昨年作っていて、取りきれなかったヤーコンがそのままだし、昼咲きの月見草も畝を覆っています。
真ん中に生えてきたエノコログサだけは抜くけれど、後は冬野菜の植え付けまでほったらかし。

地面は完全に除草してしまうより、草で覆われていたほうが、土のためによいからです。
我が家の隣地の畑は、何も作っていないのに、年中機械で耕して草が生えないようにしています。
そうしたら草は本当に生えなくなったのは良いけれど、思い出したように蒔いた大豆すら満足にできません。
夏に雨が続いても草は生えず、コケが生えたりしています。
砂漠化してますね。手間かけて砂漠を作るなんてなかなかえらい。

だから、邪魔にならない草は抜かない主義ですが、このスベリヒユの芽生えは誤算でした。
今年からスベリヒユは、見つけたら抜く雑草に分類しようと思います。

種がこぼれたとき、手に負えなくなる草は、できるだけ除草します。
種さえこぼさなければ、翌年の除草はたかが知れているし。

というわけで、抜かない草の筆頭は、月見草、ゲンノショウコ、ヤブカンゾウ。
下の写真はかぼちゃ畑。
かぼちゃが地面を覆うまでは、これらが地面を覆っています。
花もきれいだし。
DSC01473_convert_20100711180602.jpg

本当ならこれらに混じって生えているキツネノマゴは抜きたいところだけど
とても抜ききれません。
でも、イネ科雑草はほとんど生えなくなって、手入れも楽になりました。








国華園でサバ缶?

サバ缶は我が家の定番です。
野菜ばっかりで、これじゃ精進料理じゃない?
家は別に菜食主義ではないんだから、
ちょっとは魚とかがあってもいいんじゃないというときに、
出てくるのがサバ缶。

いつもトイレットペーパーを買うついでにサバ缶も頼むのだけど、
いつものディスカウント通販の商品一覧から、サバ缶が姿を消していました。

それで、価格comとかで調べてみたら、一番安かったのが国華園。

国華園って知ってますか。
菊をやる人ならたいてい知っていると思うけれど、
それ以外の人はあまり知らない園芸屋さん。
誇大広告がお得意。でも安いし、たまには宣伝どおりの優れものもあるから、
ひっかかってしまっても、まあいいかで許せるお店です。

我が家にもここで買った苗がたくさんあります。
一番の当たりは、1本あたり150円で買ったブルーベリーの苗ですかね。
安いからってんで買い込んで、30本くらい畑回りに植えました。
現在ではたくさん実をつけて食べきれません。

その国華園がサバ缶ですか?

でも安いから、さっそく注文しました。
サバ缶とツナカップ。
ツナ缶ではありません。ツナカップ。
ツナ缶よりもたないけれど、ツナは結構使うから1年もてばたくさん。
安いほうがいい。

トカイナカはいいけど、やっぱり買い物は不便。
駅前は何もないから、帰りにちょっとお買い物はできない。
でもこれだけ通販が充実していれば、困ることはない。
肉、魚はかちんこちんの冷凍のまま届くし、
トイレットペーパーや缶詰めみたいな、かさばったり重いものもすべて通販。

こんな買い置き生活を想定していなかったので、納戸を2階に作ってしまいました。
ちょっと失敗。
今度家を建てるときは(?)絶対玄関脇に保管庫を作るぞ。

さて届いたサバ缶とツナカップ。
はるちゃんも興味しんしんです
DSC01476_convert_20100711072153.jpg



河川敷ドックラン

「わーい、今日も水浴びだあ。」
と勇んで出かけてきたものの、あれ。
DSC01521_convert_20100711064009.jpg

昨夜の大雨で増水しちゃって、泳げないはるちゃんにはちょっと無理。
さてどうしよう。

泳げないってことは、ここを抱っこして渡してしまえば、
向こう側の河川敷から出られなくなるわけで、
とっても安心なドックランってことじゃないですか。

ほーら、この素晴らしい原っぱを独り占め。
DSC01462_convert_20100704125310.jpg

きゃっほー
走り回ってご機嫌。
DSC01485_convert_20100711064114.jpg

夏野菜とレンズマメの煮込み

いよいよ夏野菜も本番。
頼んであった豆も届き、
突然思いたって、豆を煮ることにしました。

突然思いたって間にあうのは、レンズマメくらいです。
畑に野菜を取りに行って、その野菜をむいている間、
水に浸しておけば充分。

行き当たりばったりなことが多い我が家ではレンズマメが一番最初になくなるかも。

さて出来上がった豆の煮込み。
DSC01542_convert_20100711063404.jpg

サルチャ(トルコのトマトペースト)で味付けしました。
野菜は、ナス、ズッキーニ、ピーマン、玉ねぎ、にんじん。
にんじんだけは買ったものだけど、後は家の畑で取れたもの。

綱子集落  蛍も飛ぶし、ムササビも飛ぶ。

綱子の蛍祭りに行ってきました。
車がない我が家で、綱子に行くのは結構大変。
奥牧野行きの路線バスに乗って、船久保で降り、そこから歩くしかない。
「帰りはタクシーを呼べばいいや」といっても、綱子はいまだに携帯の電波が届きません。
だから、携帯の電波が届くところまでは歩かざるを得ない。
でも、なんとかなるだろうと出かけて見ました。

同時にあじさい祭りも開かれているので、
蛍が飛ぶまでの間は、集落をぶらぶらしてあじさいをめでることにしました。
DSC01552_convert_20100711053436.jpg

はるちゃんもご機嫌です。
DSC01550_convert_20100711053617.jpg

昔はもっと田んぼもあったんでしょうけど、今はここだけ。
よく手入れされた斜面のそこここにあじさい以外にも
フロックスやダリア、ヘリアンサスなんかが咲いて、素敵な山里の風景です。
最近は荒れが目立つところも多いけれど、ここはまだ大丈夫。
DSC01556_convert_20100711053718.jpg

こんなところだから、昔もおコメはわずかしか取れず、養蚕がおもだったようです。
これは養蚕が盛んだった時代に作られた石碑です。
DSC01559_convert_20100711053814.jpg

そろそろ日も暮れてきて、蛍も飛び始めました。
DSC01561_convert_20100711053909.jpg

さすがにこのカメラでは蛍を取るのは無理。
それに昔は群れを成すほど飛んだという蛍も、今は見物人の方が多い。
それでも、ちらほらする光の点滅を凝視していたら、
見物人の間でどよめきがおこりました。
「むささびだ。」

「えっ、そんな・・・。」私は見てない。
「あの辺にいるはず。」といわれたところに目を凝らしても、暗いから何も見えない。

しばらく待ったけれど、むささびはなりを潜め、見ることはできませんでした。

蛍狩りの目的は果たしたし、さあ帰ろう。
「ちょっと待ってくれたら、送っていくよ」という親切な言葉を振り切り、
行きにきた道を船久保に向かって歩き始めました。

誤算は、街灯なんか全くなかったこと。
足元も見えないくらいの闇夜。
懐中電灯も持って来なかったので、携帯の小さな明かりが唯一の頼りです。
さてどこまで行ったら電波が入ってタクシーが呼べるんだろう。

さつき学園を通り過ぎて、少し行ったあたりで、奥牧野の明かりが見え始めました。
「ここまでくれば電波が入るかも。」と携帯を見てみたら、入っていました。
藤野交通に電話がつながって一安心。
「10分くらいで来るって。」

そのあたりから、街灯も設置されて、闇夜ではなくなりました。
電気のありがたさを身にしみて感じました。


お出かけ用キャリーバック

注文してあった、はるちゃんのお出かけ用キャリーバックが届きました。
さっそく入ってもらって担いでみたら、早く出せって感じで、バタバタ中で暴れています。

下へ置いて、ちょっと開けてみたら、すぐ顔を出しました。
DSC01538_convert_20100710210805.jpg

出たそうだったので、
「はいはいご窮屈様でした。出ていいですよ。」って、
扉を全開にしてあげたら、すぐに出てくるかというと
そうでもなく、入り口付近にでーんと座り込んで、
「別に出たいなんて言ってないもん。」って感じ。
DSC01540_convert_20100710210853.jpg

さっそく、はるちゃんをキャリーに入れて路線バスに乗ってみました。
バス停の手前で、キャリーに入れるときは、家での抵抗がうそのようにすんなり入ってくれました。
そして30分の乗車中、ワンでもなけれは、スンでもなく、本当に静かに乗っていました。
たぶん、他の乗客はバックの中のはるちゃんに気づかなかったと思います。

目的地はバス停から結構歩きます。
最初は快調に歩いていましたが、途中でエンコしてしまいました。
じゃあとキャリーの入り口を開けたら、
本当にいそいそという感じで中に入り込みました。

えっこらしょと担いで歩き始めましたが、暴れるでもなく、
はるちゃんは、駕籠に揺られるお犬様気分を味わっている様子。
でも私は、ちょこっと担ぐ分には軽くても、長く歩くとけっこう肩にずっしり。
重くなったねえ。はるちゃん。


トウモロコシの防御

そろそろトウモロコシができ始めます。
でも、そのままにしておいたら、カラスの餌場になってしまうので、
畝の四隅に支柱を立てて、テグスを張りました。
これくらいでも、カラスは防げます。
ありがたいことです。
DSC01472_convert_20100706052652.jpg

このあたりは獣害がひどく、このくらいの防御で家庭菜園を楽しめるのは、限られた地域だけです。
我が家は20号線とJRの間にあるゆえに、イノシシやサルの被害から免れているのです。

一度だけイノシシにサツマイモを全部やられた年がありましたが、
このころ、立て続けにJRにイノシシが飛び込んだり、中央高速にシカが飛び込んだりしたため、
JRや道路公団があわをくって山側の柵を強化してくれたおかげで、我が家は被害にあうことがなくなりました。

ごくたまに離れザルを見かけることがありますが、こちら側に群れをなしてやってくることはなく、
被害はしれたものです。

JRの向こう側の沢井部落では、家庭菜園ですら電気柵です。
サルが群れをなしてやってきたり、イノシシにやってこられたら、
すべてがぱあになってしまいますから。
DSC01454_convert_20100706052811.jpg

最近は干し柿を作る家も少なくなりました。
これもサルにやられるんだそうで。
手間隙かけてサルのえさじゃやる気がうせますよね。


水遊びは最高。

家から5分ほどのところに沢があります。
沢沿いの道は涼しい木陰で、車も少なく、格好のお散歩コースです。
今日は初めて沢に下りてみました。
ここは流れも穏やかで、深いところがなく、よく小さい子たちが水遊びに来ています。

最初はちょっとおっかなびっくり。
DSC01463_convert_20100704125132.jpg

でもすぐ慣れて、ひゃっほーい。
DSC01459_convert_20100704125027.jpg

人間には深いところはなくても、小さいはるちゃんには、それなりに深いところもあります。
そして、一回深いところで、バタバタ犬掻きして泳ぎました。
しかし、それっきり深いところには近づきませんでした。

ともちゃんは泳げるようになったら、すぐに泳ぎを楽しむようになりましたが、
はるちゃんは、深いところを泳いで脱した時、
「ああーあせった。もうこりごり」という感じに見えました。

まあ泳がなくても、水をばちゃばちゃするだけでとっても楽しそうでしたけど。


レギンスはどうしても欲しくて

さすがにレギンスは古着屋にはない。
でもどうしても欲しかったので、
しかたなく新品を買いました。980円。
もう少しお店を選べばもっと安かったかもしれないけれど、
それも面倒だったので。

買ったレギンスはさっそく母が八王子へお出かけするときに着ていきました。
なかなかいい感じにきまっています。
DSC01452_convert_20100704115927.jpg


ワンピースは相変わらず五番街。400円くらいだった。
それなのにレギンスが980円は許せない。

靴下とかストッキングとかレギンスなんかは結構かかりますね。
この日の服装みたいに脇役レギンスの方が倍以上ということは少ないけど。






心拍数の怪2

ご冗談でしょう。
これで本当に173ですか?
気分としては155くらいですよ。

私の調子がいいのか。
機械の調子が悪いのか。
センサーがはずれかけて、心拍が拾えないという不具合はわかりやすいけれど、
数値が大きくなるのは、マイコンが壊れちゃっているとしか考えられない。

機械を信じるとすると、
人の実感というのはあてにならないということですね。

まあ、今日は快調ということで。

バターはおいしい。

ともちゃんは、私たちがバターを開ける気配だけで
どこにいてもとんでくる子でした。
そして、バターの紙についたバターを舐めるのが大好きでした。
在りし日のバターを舐めるともちゃんです。
DSCN0367_convert_20100703142413.jpg

はるちゃんはどうかなと思って
バターがついた紙を手に呼んでみたら、
トコトコやってきて舐め始めました。
DSC01382_convert_20100703135554.jpg

やっぱりバターは好きなんですね。
今度バターを開けるときは呼ばなくても飛んでくるかな。

いろいろな場面でやっぱりともちゃんを思い出しますね。
これからはるちゃんとお散歩に行くようになると
またともちゃんを思い出すんだろうなあ。

白小豆

これめずらしいでしょ。
白い小豆のゆで小豆。
DSC01451_convert_20100704120001.jpg

はかせ鍋でじっくり煮てみました。

駅前のお豆腐屋さんが廃業して、毎日豆腐というわけには行かなくなりました。
考えた末に、豆を煮て食べようということになり、
通販のお店を探してみつけたのがここ。

その名もあずき屋
http://www.rakuten.co.jp/azuki/

どうせなら送料が無料になる5250円を一度に買ってしまおうと思って、
いろいろ買いあさってみたのですが、
いやあ、豆を5000円も買うのって結構大変。

あずきとか大豆、インゲン豆みたいな定番ばっかりだと安すぎて、5000円も買うと10kgを超えそう。
豆を10kgも買ってどうするんだよ。
もう永遠になくならないんじゃないかと思われたので、
ちょっと高い豆も入れてみました。
ソラマメとか青エンドウ。そしてこの白小豆。

まあ確かに上品な味ですけどねえ。
でも、あっさりしすぎて個性もない感じ。
私はもっと小豆らしい小豆のほうが好き。
それなのに値段は、一番安い中国産の6倍強。
だから、この次はもう買わない。

それに、実は半年はもつだろうと思った5kgの豆が、3ヶ月でなくなってしまったのです。
何も高い豆で5kgに抑える必要なんかなかったわけ。
さらにソラマメや青エンドウ、白小豆はどうしても食べたいというものではありませんでした。

というわけで、今度は定番ばっかりで、10kg注文しました。
大豆、小豆、赤インゲン、ヒヨコマメ、レンズマメ
全部2キロずつ。
さすがに中国産の小豆じゃなくて北海道産にしたけれど。

そんなわけで我が家では週に2回は豆を煮るようになりました。
もちろん甘く煮るだけじゃなくて、
トマト味、豆のカレー、しょうゆ味、クリーム煮といろいろですけど。
はかせ鍋も大活躍です。
これからの季節、火をかけっぱなしにして煮込むのはどうもねえ。
夏に煮込み料理ができるのははかせ鍋のおかげです。

はかせ鍋に関する過去の記事はこちら。
http://biobio51.blog9.fc2.com/blog-entry-88.html

パキラの花が咲きました。

もう25年位前、賃貸のマンションから分譲のマンションに移ったとき、
パキラの鉢を買いました。
そのパキラは、枯れることもなく、かといって大きくもならず、
その後の引越しにもついてきて、今も家にあります。

花を咲かせたのはそのパキラではなく、そのパキラから挿し木して育てたパキラ。
DSC01377_convert_20100703135053.jpg
そういえば去年も今頃花を咲かせたっけ。
パキラは原産地では大きな実がなるんだそうですが、
さすがに家のパキラは実はつけませんでした。

これを挿し木したのはもう10年以上前。
パキラなんて挿し木すれば簡単につくから。

こんなに小さいのに花が咲いてしまうなんて、
弱っているのかも。
今年は植え替えてあげようかな。

ベビーコーン

トウモロコシは1本で2個ならしてしまうと実入りが悪くなるので
2個実がついたものは早めに間引いてしまいます。
これは今間引いてきたもの。
DSC01448_convert_20100703200031.jpg

皮をむいてみれば、おなじみのベビーコーン。
左端のはベビーコーンとして食べるには大きくなりすぎましたかね。
DSC01449_convert_20100703200125.jpg

私はベビーコーンが普通のスイートコーンの若いものだということをつい最近まで知らなくて、
間引いたものは畑に打ち捨てていました。
もったいないことをしました。

ごま油でよく焼いて、醤油を回しかけるとビールのおつまみに最高。
DSC01450_convert_20100703200206.jpg

軸ごとと食べるのだから、
さぞかし食物繊維にとんでいるだろうと、食品成分表を調べてみたのですが、
繊維の量はスィートコーンの実の部分と変わりませんでした。
もちろん炭水化物とかは少ないけど。
じゃあ、なにが多いかって。
水ですよ。水。

笛がなったら来るんだよ。

近所にウサギ狩りのためのビーグルを飼っている人がいて、
時々近所の山で、ホイッスルを吹いたら戻ってくるという訓練をしています。
これはいいなと思ったので、100円ショップでホイッスルを買って来て、
「笛がなったら戻ってくる」を覚えさせる手始めに、
家の中で笛を吹いてみました。

なんにでも興味を示すのですぐによってきます。
そこですかさずおやつ。

笛を吹いて、よってきたらおやつ。
これを2~3回繰り返したら、おもちゃのマリを抱え込んだまま
私の足元で動かなくなってしまいました。
DSC01439_convert_20100703101301.jpg

「あんたが持っているおやつを早くくださいよ。待っているんだから。」
「そうじゃないのよ。足元にいられたら意味がないの。」
ということで、私がおやつと笛をもって移動したのですが、
どこにでも着いてきてしまい、本当に意味がない。

「どうしてくれないの。ちゃんとおすわりまでしているのに。」
とっておきの顔で見上げるはるちゃんでした。
DSC01438_convert_20100703101402.jpg

心拍計の怪

こんなはずない。

加圧ベルトをまいて、バイクをこぎ始めて5分後、155まで上がっていた心拍が落ち始めた。
ちょっと気を緩めるとすぐに落ちるので、気合を入れてこいでも、どんどん下がる。
センサーが外れちゃったのかと思って、センサーを付け直しても上がらない。どんどん下がる。

ついに70を割り込んだ。

こんなはずなーい。

もういい。
こんなもの信用しない。
とりあえず時間までがんばってこげばいいや。

心拍数は70付近を行ったり来たりすること数分。

何もしてないのに今度はいきなり上がり始めました。
ぐいぐい上がります。

ペースを上げた感じはないのに、
160くらいまではすいすい上がりました。
さっきの数分はいったい何だったの。

ようし、もうちょっとということで、
警報が鳴り始める180まであげてみました。


家の心拍計。こんなことがしょっちゅうです。
消費カロリーを出したり、データーを記録したり、
余計なことはしなくていいから、
心拍だけはまじめに測って欲しいんですけど。




プロフィール

うりこ

Author:うりこ
トカイナカ暮らし15年。
ちょっと広めの家庭菜園を耕しています。
休日は母とわんこのはるちゃんと近所の山を徘徊しているか、畑を耕しています。
定年になったら、もう少し規模を広げて菜園というより農園をやりたいですね。ここでもいいけど、できたらもう少し暖かいところで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。