スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はるちゃん、レスキュー隊に救出される

 いつものように駅のほうへ歩いて、お母さんには、岩戸山の登山口から引き返してもらい、私とはるちゃんは岩戸山に向かうはずだった。
 登り始めたところではるちゃんを離したら、はるちゃんが排水口の中に入って行ってしまった。
呼んでも戻ってこない。
 本当にもう。何しているんだか。
というわけで、排水口の土管の入り口にエサをおいて、「戻っておいで」って声をかけた。
ところが、なかなか戻ってこない。
P1020710-001.jpg

この土管、確かに急だけど、崖だってすいすい登るはるちゃんに登れないとは思えなかった。
でも、「はるちゃん」って呼んだら、上がろうと焦っている音と、キューキューいう情けない声が聞こえてきた。
えっ、上がってこれないんだ。

ええーちょっとカンベンだよ。

この土管は人が潜れる太さじゃない。
はるちゃんが自力で上がって来れないとしたら、どうしたらいいんだ。

そうだ。排水口だから、下に出口があるはずだ。
下から呼べば、いいんだ。

というわけで、坂の下を探したけれど、坂下の側溝は泥に埋まり、どこが出口だかわからない。

出口が泥に埋まっていたら、出られない。
これは、私だけでは何ともならないし、道具も必要だ。
だか、あいにくと携帯を持っていなかった。

それで近所の公民館に走り、電話を借りるついでに、事情を話したら、窓口の人が懐中電灯を持って、いっしょに来てくれた。

懐中電灯で入り口から照らしても、土管は相当深いらしく、光が届かない。
近くのもの置き場から、ロープを借りて、それに懐中電灯を結んで、垂らしてみても、それでも見えない。

窓口のSさんは、うーんとうなり、「これは素人の手には負えない。警察かなあ。いや消防かな。」と言いながら、その場で各所に連絡をしてくれた。

そして、「消防のレスキュー隊が来てくれるって。彼らはプロだから、何とかしてくれるよ。」

はるちゃんにレスキュー隊? 申し訳なさすぎ。
私には大事なはるちゃんだけど、他の人から見たら、ただの犬なのに。

それから、30分以内に、本当にレスキュー隊が到着した。

若い、すごい馬力の隊員の力でも、シノタケの根の絡んだ側溝の終点の升を堀あげて、そこに繋がる土管を確認するまでに、1時間以上かかった。
P1020706.jpg

はるちゃんが落ちた土管は、途中で曲がって、側溝から伸びる土管とつながっているらしいが、側溝付近の土管は叩いた時の音からしても、中に泥が詰まっているようだった。

そうこうしている内に、レスキュー隊が持ってきた強力なライトのおかげではるちゃんの位置が確認できた。
はるちゃんは土管の曲がり角付近でちょろちょろしているらしい。

埋まっている泥を取るより、はるちゃんがいる付近の土管をダイヤモンドカッターで切って、救出することになった。
そして、窓口のSさんが土管が埋まっている土地と土管の管理部門に連絡を取ってくれて、土管に穴をあけてもいいという許可をもらってくれた。

それから、はるちゃんがいる付近の土管の上の地面を掘って、土管を出した。それにも1時間近くかかった。

上の入り口から強力ライトで照らして、切る位置にはるちゃんがいないのを確かめ、カッターで穴をあけた。
ヒトの頭は入らないけれど、はるちゃんの頭なら楽々入るような穴が30分くらいであいた。

まだ穴が開かないうちから、情けなさそうだったはるちゃんの声が少し活気づいた。
こちらがこれで助けられそうだという確信を持ったことがはるちゃんにも伝わったようだった。

カッターの音でびくついて、さらに奥に入り込んだはるちゃんをレスキュー隊員が穴から呼んでくれたけれど、ビビッて出てこない。
そこで私が穴からはるちゃんのほうへ手を差し込んで、声を枯らして呼んだ。
中でごそごそ音がしている。滑る音もする。はるちゃんが近づいてくるようだった。
すごく長く感じたけれど、あっという間だったのかもしれない。

はるちゃんの鼻先が私の手に触れ、やがて首筋のハーネスに手が届いた。

やったー。

ハーネスをつかんで引っ張り上げるとはるちゃんの頭が穴から見え、みんなの歓声を浴びながら、はるちゃんが穴から出てきた。
土管に落ちてから5時間、レスキュー隊が到着してからだって、3時間が経過していた。

助かった。
力を貸してくださった皆さん本当にありがとう。

はるちゃんはケガ一つしないで救出されました。

ただそこまではるちゃんをつないできたはずのリードが、騒ぎの最中になくなって、ついに出てこなかった。
何処に行ってしまったんだろう。
しかたがないので、もの置き場のひもを拝借してはるちゃんをつないで帰った。

はるちゃんはケロっとしてる。
ただ私が本当にお前はダメダメだというと、褒められているとは思えないらしく、でもなぜ怒られているのかもわからないらしく、きょとんとしている。
P1020718.jpg

きょとんとしているはるちゃんでした。







スポンサーサイト

はるちゃんの視線の先

このあたりの山はいろいろな動物がいるけれど、私が一人で歩いていたとしたら、見つけられるのは、サルぐらいだろう。
ここいらのサルは人を恐れない。真昼間に平然と庭先に姿を現す。

しかし、それ以外の動物は、やたらに人目に着くような所をちょろちょろしたりしないから、犬を連れていなければ、気が付かないで通り過ぎてしまう。
動物を見つけるときはいつも、はるちゃんが先に気づき、その走っていく先や、視線の先に目をやって、初めて気づくのだ。

今回も藪の中の何かに、ちょっかいを出しているはるちゃんを見て、藪をのぞいてみたら、藪の中にいたのは、鎌首をもたげたこいつ。
P1020495-001.jpg


シマヘビだ。
よかった。マムシじゃなくて。
それにしても、動かない。
はるちゃんを追い立てて、カメラを構えて写真をとっても、ぴくっとも動かなかった。

いくら毒がなくても噛みつかれたら、痛そうだ。
相手が犬なら、自分が勝てそうかをしっかり見極めるはるちゃんなのに、野生動物はどうもだめで、危なそうなものにも平気でちょっかいを出す。
この間は、歯をむき出して威嚇しているいかにも狂暴そうなアライグマを追いかけて行ってしまい、戻ってくるまで相当心配した。



今回、はるちゃんが見上げているのは、動物じゃない。
P1020496.jpg


急な斜面で固まっているお母さん。
P1020499.jpg

はるちゃんは、お母さんが怖がっているとちゃんと戻ってきて、励まそうとする。
いい子だ。

ついでに、こちらは香りで人も気づくけれど、はるちゃんはすげなく素通りだ。
今、このあたりの山ではあちこちで咲いている。
P1020490.jpg



小鹿を追うはるちゃん

はるちゃん専用ドックランへ向かう一般車両は入れない道路で、はるちゃんを離したら、はるちゃんがいきなり道路わきの藪に飛び込んだ。
驚いてはるちゃんが飛び込んだ藪を見たら、びっくりしてこっちを見返している小鹿と目があった。
はるちゃんに追われた小鹿はさらに藪の中に消えた。
はるちゃんも藪の中に消えた。
しばらくは藪の中で両者がグルグル駆け回っていたようだった。

そうしたら、小鹿が道路に飛び出してきた。。
P1020462.jpg

それなのに、小鹿を追っていたはずのはるちゃんは、藪から出てこない。
あさっての方向で藪が揺れていて、はるちゃんは藪で闇雲に走り回っているようだ。

小鹿のほうは慣れないコンクリの道でオタオタしている。
P1020469.jpg

はるちゃんは一向に藪からでてこない。
低いはるちゃんの位置で、藪に潜ってしまったら、目なんかあんまり役に立たないようだ。
時々、藪の切れ目から見えるはるちゃんは、鼻をふんふんさせながら、見失った獲物を探しているようだったが、
頼りの匂いは、あちこちについていて、追跡の役には立っていないようで、小鹿からは遠ざかる一方だ。

そうこうしている内に、小鹿は道路を河原のほうへ走り去った。
P1020463.jpg

はるちゃんは、まだ藪の中でゴソゴソしている。
呼んでも戻ってくる様子もない。
仕方ないので、私が藪に入って、未練たらしくそこらを嗅ぎまわっているはるちゃんをつないだ。

しかし、あんな小鹿が一匹でいるなんておかしい。
親が近くに潜んでいて、私たちが去るのを待っていたんだろうか。


まろ失踪

結局、まろは戻ってこない。
今日ですでに2週間。
もう戻ってくる可能性は少ない。

保護しているという連絡もない。
去勢してあるから、首輪をしていなくても飼われていた猫だということはわかるはずだ。

長いこと猫を飼っている人に聞くと、雄ネコが発情期に出かけたまま帰ってこないというのは、よくあることらしい。
夢中でメスを追いかけて、帰り道がわからなくなるようだ。
かわいそうなまろ。

動物を飼うなかで、こういう事態も起こりうることは覚悟の上だけど、しばらくは胸が痛い。
まろがいなくなっただけで、家の中が静かなのだ。
この静かさに慣れるのに、もうちょっとかかりそうだ。

戻ってこないまろ

日曜の朝、畑から帰ってきたらネコどもが居なかった。
こななが網戸でなく玄関を開けられるようになったのだ。
こななはいつものように数時間で戻ってきた。
しかし、まろは戻ってこなかった。

しょっちゅう外泊するまろだから、今回もどうせすぐもどってくると高をくくっていた。

それが最長記録の4日をとうに超え、今日で6日目。

4日を超えてからは、考えが悪いほうに傾く。
もう戻ってこないのではないか?

昨日、保健所、獣医さん、警察の遺失物係、最悪の場合を考えて、清掃事務所にまで問い合わせをした。
しかし、手掛かりは全くない。

よれよれのまろを拾ったのは昨年のお盆だった。
1年1か月しかいっしょに暮らしていないけれど、まろが居た痕跡はパソコンの画面にまで残っている。
まろは鼻炎でしょっちゅうしょっちゅうくしゃみをしていた。画面のシミはまろのくしゃみの跡だ。

もう本当にこれっきりになってしまうのかな。
まろ、戻ってきてよ。
これが最後の写真になっちゃうのかな。
P1010990.jpg


プロフィール

うりこ

Author:うりこ
トカイナカ暮らし15年。
ちょっと広めの家庭菜園を耕しています。
休日は母とわんこのはるちゃんと近所の山を徘徊しているか、畑を耕しています。
定年になったら、もう少し規模を広げて菜園というより農園をやりたいですね。ここでもいいけど、できたらもう少し暖かいところで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。